紀要論文 <研究ノート>医療ソーシャルワーカーによる「HIV受診前相談」を普及させるための他職種連携の必要性:「エイズブロック・中核拠点病院MSWによる地域におけるHIV陽性者等支援に関する研究」の追加検討

山本, 博之  ,  久保, 義郎

内容記述
本研究の目的は医療ソーシャルワーカーによるHIV受診前相談の必要性およびその実施を普及させるにはどのような要件があるかを明らかにすることである。1990 年代後半に多剤併用療法が開発されたことによって,HIV感染症は「死の疾患」から慢性疾患と捉えられるようになった。わが国ではまたエイズ診療拠点病院の整備や,地域の支援システムの構築,HIV感染症が身体障害者認定の対象となるなど,社会的支援体制の構築も促進された。しかしながら,HIV陽性者は依然として社会的に差別や偏見を受けている。このような状況だからこそ,医療ソーシャルワーカーは院内のみならず,地域の支援機関スタッフと相互に連携しながら支援を行うことが求められ,「受診前相談」もその支援の一環と捉えるべきである。そこで山本ら(2009)の調査結果を改めて検討した結果,「受診前相談」を普及させるための要件として,医療ソーシャルワーカーが①地域の支援者からその役割機能を認識されている必要があり,②そのためには,まず院内の診療チームからの信頼を得ることが必要である、といった要件に基づく課題が判別された。この課題を克服するためにはMSW自身がHIV診療以外の業務において十分に機能し,他職種スタッフからの信頼を得られるよう努力することが必要であると考察された。
本文を読む

https://dcu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=563&item_no=1&attribute_id=45&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報