Departmental Bulletin Paper エネルギー環境の構造的変化と民主主義に関する一考察
Consideration of Democracy and Structural Change of Energy Environment

山本, 達也  ,  ヤマモト, タツヤ  ,  Tatsuya, YAMAMOTO

 社会科学分野でのエネルギー論は、これまで主にエネルギーの「量」からの分析が主流であり、エネルギーの「質」という視点からの分析にはあまり注意が払われてこなかった。エネルギーの質を表す指標は、EROI(Energy Return on Investment)として知られている。近年では、自然科学の研究者から正味エネルギー分析(net energy analysis)を政策立案・分析の標準的ツールとして用いるべきだという主張もなされている。 EROI指標を用いて近年のエネルギー状況を概観すると、エネルギー環境が構造的変化を起こしはじめている様子が浮かび上がってくる。一部の論者は、こうした構造的変化は金融や経済システムを破壊しかねないと主張する。 情報化が進んだ社会においてシステムが持続性を失うようになると、政府は情報通信技術を、人々を監視しコントロールするためのツールとして用いる傾向が確認される。こうした状況下においては、情報通信技術が情報の自由やプライバシーの保護といった民主主義的諸価値を浸食することが危惧される。
 Energy issues are mainly analyzed from the perspective of “quantity” of energy, and the perspective of “quality” of energy is something that we rarely pay attention to in the field of social science. The index used for the measurement of energy quality is known as EROI (Energy Return on Investment). Lately, some natural scientists have advocated “net energy analysis” as a standard tool in order to plan and to analyze energy-related policies. When we analyze the current world energy situation using the EROI index, we must address how the conditions of the energy environment in international society have been changing structurally. Indicating the fact mentioned above, some scholars argue that such structural change might lead the collapse of financial and economic systems. Governments tend to use ICT (Information and Communications Technology) as a tool of surveillance and social control when social systems start to lose their sustainability, especially for societies in which ICT is widely diffused. Under these circumstances, there is a concern that ICT may erode democratic values, such as freedom of information and protection of privacy.

Number of accesses :  

Other information