紀要論文 インターネットと政治変動をめぐる分析視角―アラブの春の事例から―
Analytical Perspectives on the Internet and Political Change : Implications from the Arab Spring

山本, 達也  ,  ヤマモト, タツヤ  ,  Tatsuya, YAMAMOTO

36pp.129 - 146 , 2015-03-31
NII書誌ID(NCID):AN00128409
内容記述
 中東政治変動においてインターネットが果たした役割については、主にメディア報道等でその役割を積極的に評価する見解が多数示されてきたものの、研究者の中には、こうした報道はインターネットの役割を過大評価しすぎだと注意を喚起する者も少なくない。研究者の間にも温度差が認められ、さらなる研究発展が望まれるテーマである。 こうした現状を踏まえ本稿では、中東政治変動におけるインターネットの役割をめぐる代表的な議論を整理しつつ、このテーマでの研究を進める上でカギとなる分析のポイントを提示しようとするものである。そのことで、本テーマをめぐって必ずしも研究者の見解が一致しない理由について示唆を得ることも可能となる。 本稿が提案する分析のポイントは以下の3つである。第1に、インターネットの役割を見る視点には主にサイバー・ユートピア論者(cyber-utopians)的視点とピア進歩主義者(peer progressives)的視点の2つがあることを理解する必要があるということ。第2に、数量的なデータを用いた分析を行うに際して、インターネットユーザー数や普及率といったデータを単純に用いるのではなく、情報智民(netizen)概念を援用した分類を行った上で、場合によっては新たに社会調査を行ってデータを収集するという試みも必要であるということ。第3 に、分析のためのモデルを構築するにあたっては、還元論的な世界観に基づいたものではなく、複雑系の世界観からアプローチする方が効果的な分析となる可能性が高いこと、の3点である。
  Though many positive opinions about the role of the Internet in regard to the political changes in the Middle East have been reported in the media, some researchers have called attention to the fact that these reports are overrating the role of the Internet. There are differences in opinions even among researchers, and this is a topic about which further research developments are expected.  By taking these circumstances into consideration, this paper will sammarize the main arguments concerning the role of the Internet in the political changes in the Middle East and will present key points for analysis in order to develop the research. This will make it possible to gain insight into the question of why the opinions of the researchers are not necessarily in agreement about this subject.  The analyzing points that this paper suggests are the following three points. First, we need to understand that there are two main viewpoints regarding the role of the Internet; the view of the cyber-utopians and that of the peer progressives. Second, when analyzing using quantitative data, data such as the number of Internet users and the dif fusion rate must not be simply used. After a categorization referring to the “netizen” concept is done, it may be necessary to collect data by conducting a new social survey depending on the situation. And third, upon constructing an analyzing model, a more effective analysis can be done by approaching it from a complex system outlook, rather than by basing it on an outlook of reductionism.
本文を読む

https://seisen.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=829&item_no=1&attribute_id=18&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報