Departmental Bulletin Paper 体験学習プログラムにおける「まとめ」に関する考察 : 海外サービス・ラーニングプログラムの活動まとめの分析から
A Study on "Final Paper" in International Service Learning Program : Analysis of the Learning Outcome Written by the Students

山本, 秀樹

(10)  , pp.109 - 121 , 2017-03-31 , 関西国際大学教育総合研究所
ISSN:1882-9937
NCID:AA12321947
Description
学生が体験を通して、自らアカデミックな深い学びへと歩みを進めていくためには、体験から学んだことをいかに言語化していくかが肝要である。本研究では、2016 年夏季に実施した海外サービス・ラーニングプログラムを取り上げ、学生が記述した「活動まとめ」をテキストデータ化して統計的な分析を試みた。その結果、体験学習を総括的に言語化する上での三つの課題が明らかになった。
For students to develop academically deep learning, it is important to verbalizing what they learned from experience. I took notice of the international service learning program held in the summer of 2016. I focused on the "final paper" written by the students, and statistically analyzed the results as text data.
Full-Text

https://kuins.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=530&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information