Departmental Bulletin Paper 大学生の課題発見力の育成に関する一考察
Some Remarks on the Developing of Problem Solving Ability

谷口, 一也

(10)  , pp.83 - 93 , 2017-03-31 , 関西国際大学教育総合研究所
ISSN:1882-9937
NCID:AA12321947
Description
本論文は、大学生の問題・課題発見力の育成に関して、「社会人基礎力を育成する授業30選」に取り上げられた授業を分析し、授業内で用いた「がん教育」に関する自由記述を考察することで、その現状と課題を明らかにすることを目的としている。「社会人基礎力を育成する授業30選」では、多くの授業で問題・課題発見力育成のための機会が不足している現状が明らかとなったが、課題発見シートの利用や企業連携による生きた課題を用いているなど、有効であると考えられる手法が取り入れられていた。また、「がん教育」に関する自由記述は、多くの記述が構造化されていなかった。知識を構造化・体系化することは、現状との差をギャップとして認識する問題・課題発見のための最初のステップとして重要である。そのため、複数回の課題設定を通してトレーニングし、新しい場面に遭遇しても課題を発見することができるようにすることが大切である。今後、本論文の知見を生かし、問題・課題発見力を効果的に育成する手法を確立し、実践していきたい。
The purpose of this study is to clarify the current status and issues concerning the development of problem-identifying ability of university students. The opportunity for training of problem-identifying ability is short by many classes to foster fundamental competencies for working persons. And, as for the free description,many descriptions are not structured and systematized. The structuring of knowledge is important as the first step for discovering problems. Therefore, it is important to improve the problem-identifying ability through multiple exercises. From now on, I would like to establish and practice a method to effectively train problem-identifying ability.
Full-Text

https://kuins.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=528&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information