Departmental Bulletin Paper Case study investing the HR of three children with autism spectrum disorders before and after episodes of stereotyped behavior in the school environment
Case study investing the HR of three children with autism spectrum disorders before and after episodes of stereotyped behavior in the school environment

SHIBAGAKI, Masamitu  ,  SAWATA, Takenori

(18)  , pp.109 - 116 , 2017-03 , 関西国際大学
ISSN:1345-5311
NCID:AA11544811
Description
本研究では、自閉症児2名を対象として、常同行動における覚醒調節仮設を検証することを目的とした。指標として心拍を用い、常同行動出現前後の心拍変動を測定した。その結果、授業ごとの中で起こった常同行動において、覚醒調節仮設を支持する結果が得られた。また、常同行動出現前心拍数が低心拍の場合(90.0%)の方が、高心拍(37.5%)に比べ、より覚醒調節仮設を支持する結果となった。これらの結果より、出現前心拍数の高低によって常同行動の果たす機能が異なっていることが考えられた。
Full-Text

https://kuins.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=518&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information