紀要論文 特別支援教育の知見をいかした学校経営(5)教育のユニバーサルデザイン化に向けて(尼崎市との連携から)(2)
A School Management based on the Findings of Special Needs Education(5)Towards the Universal Design of Education (from Cooperation with Amagasaki)(2)

百瀬, 和夫

(9)  , pp.1 - 17 , 2016-03 , 関西国際大学教育総合研究所
ISSN:1882-9937
NII書誌ID(NCID):AA12321947
内容記述
昨年度より、「発達特性に応じた保育・授業のユニバーサルデザイン化の構築~すべてのステージで役立つ子ども理解と保育・授業力向上プラン~」というテーマで、尼崎市教育委員会との連携事業に取り組んできた。尼崎市の先生方のニーズに対応し、本学の教師が講師となり、夏季集中講座や巡回指導などの取り組みを行った。また、本年度も尼崎市の幼稚園から高校までの異校種の教師が集い、「保育・授業のユニバーサルデザイン化研究部会」を組織し研究をすすめることができた。異校種であるための「発達段階の違い」や「教科の壁」等々の課題を乗り越えて、協同で研究を進めるという貴重な場を得ることができた。さて、近年の特別支援教育への認識の広がりから、幼稚園・小学校・中学校・高等学校等、それぞれのステージにおいて、特別な教育的支援を必要としている幼児・児童・生徒がいることは、明らかである。これらの特別な教育的支援を必要としている子どもたちを含めたすべての幼児・児童・生徒が安全で安心して過ごせる学級づくりや、楽しくわかり易い授業を目指していくことは、それぞれの学校現場での大きな課題である。今回、取り組みを進めてきたこの2年間で得られた「成果」や今後の「課題」について考察した。
Kansai University of International Studies (KUIS) have worked on the task with the Amagasaki City Board of Education since 2014. To meet the needs of teachers in Amagasaki City, KUIS held the summer intensive course and were engaged in circuit teaching. KUIS organized workshop with teachers from kindergarten to high school, could proceed the related research in this year.Recently, there are obviously children who have the special educational needs at each school level. It is very serious for each school to make up classes where all children including the children who have the special educational needs can have safe and ease life, to realize enjoyable and simple teaching.In this research, the author examines the result of these 2 years and future issues.
本文を読む

https://kuins.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=489&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報