紀要論文 謁者・名謁と成立時の蔵人―「謁」の意味の変化を視点として―
Etsusha,Myoetsu and Kurodo(Chamberlain) at the BeginningーFrom a Viewpoint concerning the Change in the Meaning of Etsuー

岸部, 誠

本文を読む

https://aichiu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=6255&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報