学術雑誌論文 おもしろツイートはいかに広まったか:事例研究による「じわる」プロセスの解明

山下, 玲子  ,  三浦, 麻子

内容記述
本稿ではTwitterにおいて情報価値が少ないツイートがいかに拡散したか,第一筆者本人のツイートに対するリツイート (RT) に関するデータを分析し探索的に検討した。その結果,RTの拡散は,RT元と関連の薄い1,000~2,000人程度のフォロワーを持つユーザーが複数名集中して行うことで速まり,その過程で5ケタ以上のフォロワーを持つユーザーに到達しRTすることで,さらに拡散の範囲が広がることが示された。情報価値の少ないツイートの拡散では,強力なインフルエンサーによる局所的な拡散だけではなく,ある程度アクティブなユーザーのコンサマトリーな動機によるRTが局所的・同時発生的に起こることで,RTが芋づる式に拡がる「じわる」現象が存在することが示唆された。
In this article, we investigated how a message in Twitter which was funny and of little information value diffused rapidly and widely. Using a tweet by a first author that was retweeted about ten thousand times, we analyzed the speed of the message diffusion by the retweet and the range of the message. The speed of the tweet diffusion was accelerated by retweeting of several moderate active users and in parallel retweeting of users who had over ten thousand followers expanded range of diffusion. This phenomenon suggested the accumulative power of “ordinary influencers” who were enjoying consummatory conversation in diffusing a funny message of little importance.
本文を読む

http://repository.tku.ac.jp/dspace/bitstream/11150/11159/1/JMIC03-01.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報