学術雑誌論文 インターネット利用 と文化 : 国際比較データによる分析

石井, 健一

内容記述
インターネット利用行動への文化の影響を国際比較データ(World Values Survey) を用いて分析した。日本人は,チャットやメッセンジャーなどの利用率が低いのに対して,ブログやTwitterのように匿名的コミュニケーションの利用は活発であるという特徴がある。また,インターネットへの信頼は低い。Schwartzの価値観を独立変数に用いて,インターネット関係の行動を従属変数とするマルチレベル分析を行った結果,国レベルの変数としては「快楽主義」の価値観だけがインターネット利用と有意に関係していた。一方,個人レベルでは,「自己決定」「刺激」「快楽主義」といった個人主義的な価値観がインターネット利用と正の相関があった。予想に反して,他人への信頼は個人,国レベルともインターネット利用と負の相関を示した。
The effects of culture on Internet use are examined using an international comparative survey (World Values Survey). Japanese people generally prefer not to use chat or messengers, while they tend to use anonymous communication such as blogs and Twitter. Japanese people do not trust the Internet. In this paper, a multilevel analysis is conducted using Schwartz’s values scales as independent variables. The results indicate that only hedonism has a significant effect on the frequency of Internet use at the country level, while many individualistic values such as self-direction, achievement, and hedonism are positively and significantly correlated with the frequency of Internet use at the individual level. As opposed to the expectation, general trust is negatively correlated with Internet use both at individual and country levels.
本文を読む

http://repository.tku.ac.jp/dspace/bitstream/11150/10811/1/JMIC01-01.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報