Departmental Bulletin Paper 司法は身近になったのか?司法改革10年 : シンポジウム
Has justice become familiar to citizens ? What the judicial reforms have produced for the past 10 years ? : Symposium

大出, 良知

(29)  , pp.85 - 139 , 2015-11-05 , 東京経済大学現代法学会
ISSN:1345-9821
NCID:AA11515540
Description
出席者(肩書(本文中も含め当時)) : 佐藤幸治(元司法制度改革審議会会長・京都大学名誉教授) , 但木敬一(元検事総長・弁護士) , 本林徹(元日本弁護士連合会会長・弁護士) , 藤川忠宏(元日本経済新聞論説委員・弁護士) , 丸島俊介(元司法制度改革審議会事務局員・前日本弁護士連合会事務総長・弁護士) , 古口章(元司法制度改革推進本部事務局次長・静岡大学法科大学院教授・弁護士) , 大出良知(司会・東京経済大学現代法学部長) ; 目次 , はじめに , 国民の期待に応える司法制度の構築 , 司法制度を支える法曹の在り方 , 国民的基盤の確立 , まとめ
Full-Text

http://repository.tku.ac.jp/dspace/bitstream/11150/10133/4/genhou29-06.pdf

Number of accesses :  

Other information