紀要論文 Using cultural keywords in intercultural education : Looking beyond the surface
文化的キーワードによる異文化教育 : 深い洞察へ

カチョフ, シェロ

70pp.93 - 98 , 2016-03 , 長野県短期大学
ISSN:0286-1178
NII書誌ID(NCID):AN00179035
内容記述
The aim of teaching intercultural understanding is to transfer knowledge about other cultures and the culture learning process, as well as to develop learners’ awareness of their own culture. Too often Japanese university students’ awareness of their own culture and descriptions of it are limited to visible objects. This paper examines the use of cultural keywords as a means to teach learners to look beyond the surface of culturally symbolic objects to the deep culture of values and basic assumptions about society. An assignment to describe three Japanese keywords was given and the responses were analyzed typologically based on Trompenaars and Hampden-Turner’s levels of culture. The results showed that 77% of the keywords described by the 57 Japanese students described deep culture.
  異文化教育の目標は、多文化や異文化適応の過程についての情報を与えることと、学習者の自文化についての理解を高めることである。日本人大学生の自文化についての理解は表面的である場合が多い。本稿は、五つの国の文化的キーワードによる教育によって、学習者が表面的な文化の説明の段階から、より深い文化を認識する段階に至る過程を扱うものである。日本文化の三つのキーワードを説明する課題を用いて、57 人の課題の答案を三つの文化のレベルで分析した結果、学習者の日本文化のキーワードの77% が、より深い文化についてのものであった。文化的キーワードによる異文化教育の注意点と将来の研究課題についても述べた。
本文を読む

https://nagano-kentan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1223&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報