Departmental Bulletin Paper 【翻訳】コンピテンス志向の歴史授業 : ペーター・ガウチ教授初来日記念講演会
Geschichte kompetenzorientiert unterrichten : Ein Einblick in den Schweizer Unterrichtsalltag 2017
コンピテンス シコウ ノ レキシ ジュギョウ : ペーター・ガウチ キョウジュ ハツライニチ キネン コウエンカイ

原田, 信之  ,  宇都宮 , 明子

Description
本稿は、スイス・ルツェルン教育大学のペーター・ガウチ教授(Prof. Dr. Peter Gautschi)が主宰する国際比較教育研究プロジェクト「自国の歴史をどう伝えるか-中等段階の歴史授業における国際的な展望性の比較分析」の一環として行われた初来日記念講演会の内容を抄訳したものである。スイス・ドイツ語圏ではレアプラン21(Lehrplan 21)以後、コンピテンス志向の授業が主流になった。スイス・ドイツ語圏のみならずドイツ、オーストリアにおいても進められてきたコンテンツ・ベースからコンピテンス・ベースへの転換を図るカリキュラム改革に対し、歴史学習を対象にコンピテンス志向の授業や教科書の特質と課題を明らかにしている。
Full-Text

https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1994&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1

Number of accesses :  

Other information