紀要論文 有酸素運動が注意機能に与える影響の検討
The effect of aerobic exercise on attention network
ユウサンソ ウンドウ ガ チュウイ キノウ ニ アタエル エイキョウ ノ ケントウ

吉田, 拓哉  ,  中川, 敦子

内容記述
注意機能は,情動や行動の制御に重要な役割を果たしており,介入によって向上する可能性が示されている。本研究は,中強度の有酸素運動が注意機能にどのような影響を及ぼすか,注意ネットワークテスト(ANT)を用いて検討することを目的とした。研究1では,10分間の有酸素運動の前後でANTを実施したところ,有酸素運動を行なった群の実行ネットワークの効率が運動後に向上した。研究2では,週1回30 分の運動プログラムを1か月間実施したが,運動プログラム参加者ANT の成績は,プログラム前後で変化が認められなかった。これらにより,有酸素運動を行うことで,短期的に注意機能による葛藤解決能力が向上する可能性が示唆された。
本文を読む

https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1986&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報