Departmental Bulletin Paper 嘉義神社の創建について : 周辺との関わり
About the foundation of Chiayi shrine : involvement with neighboring area
カギ ジンジャ ノソウケン ニ ツイテ シュウヘン トノ カカワリ

小野, 純子

Description
台湾は1895 年より約50 年間、日本の統治下に置かれた。その間台湾では同化政策がとられ、日本人の日本語による教育などが行われた。その政策は宗教面でも取られ、日本の国家神道を植民地に根付かせようと試み、50 年間で台湾各地には多くの神社が創建された。本論は、その中でも「嘉義」に注目する。嘉義は、1920 年の地方制度改正によって、台南州に組み込まれ格下げされた街である。本論では、1920 年代の嘉義「街」と共に歩んできた嘉義神社の創建を振り返り、当時の周辺学校や学生らとの関わりについて考察した。本論により、これまで別々に論じられてきた「街」「学校」「神社」のつながりが浮き彫りとなった。
Full-Text

https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1889&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1

Number of accesses :  

Other information