Departmental Bulletin Paper グレイシャー・ベイにおけるフーナ・トーテム・ コーポレーションの観光開発について
グレイシャー ベイ ニ オケル フーナ トーテム コーポレーション ノ カンコウ カイハツ ニ ツイテ

奥田, 郁夫

21pp.19 - 25 , 2017-03-31
ISSN:21850429
NCID:AA12046070
Description
本論文では、南東アラスカのグレイシャー・ベイGlacier Bayにあるフーナ・トーテム・コーポレーションHuna Totem Corporation (HTC)の観光開発について分析している。HTCは「1971年アラスカ先住民の請求にもとづく継承的不動産設定法Alaska Native Claims Settlement Act」によって設立されたコミュニティ会社である。本研究によって、つぎのような点が明らかになった。HTCは、2004年に大型クルーズ船の寄港地となることによって、観光事業に参入した。そして、今日順調に発展をみ、年間に平均で13万人ほどがフーナ・コミュニティを訪れている。この観光事業によって、シーズン中(5月~9月)に年々100人ほどの雇用を創出している。2015年には、大型クルーズ船着岸用の浮桟橋が建設されて、2016年のシーズンには供用される予定である。これによって、旅客は小型船に乗り換えて上陸する必要がなくなり、利便性が高まる。HTCはフーナ・コミュニティ出身者、かつ/または先住民のひとびとの雇用を積極的に進めている。しかしながら、フーナ・コミュニティの人口は、2000年の860人から、2011年には753人へと減少し、人口の減少に歯止めがかかっているとはいえない現状にある。
Full-Text

https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1734&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1

Number of accesses :  

Other information