紀要論文 家族の絆が支える命 : 都道府県別データによる自殺要因分析
Family Ties : Exploring Suicide Using Prefecture-Level Panel Data
カゾク ノ キズナ ガ ササエル イノチ : トドウフケンベツ データ ニヨル ジサツ ヨウイン ブンセキ

藤本, 真代  ,  横山, 和輝

52 ( 2 )  , pp.1 - 15 , 2016-03-01
ISSN:03891364
NII書誌ID(NCID):AN00025971
内容記述
本稿の課題は,家族の絆に関する変数(合計特殊出生率,離婚率,婚姻率,自然死産率)が男女別の自殺率にどのような影響を与えているかについて統計的に検定することである.2001 年から2013 年の都道府県レベルのパネルデータを用いて,男女それぞれの自殺率を被説明変数とする連立方程式の同時推定を行なう.合計特殊出生率と婚姻率は,ともに男女の自殺率と負の相関関係にある.反対に自然死産率は男女の自殺率と正の相関関係にある.一方,離婚率は女性の自殺率にのみ負の効果が観察された.自殺抑止において家庭およびビジネス両面での対人関係が重要である,という主張に対し,本稿は定量的な根拠を提示するものである.
本文を読む

https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1605&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報