紀要論文 障害学生支援の現状と課題:「障がいのある学生の修学支援に関する検討会報告(第一次まとめ)」を中心に
Current situations and issues of supports for students with disabilities : focusing on The 1st report of investigative commission about supports for students with disabilities
ショウガイ ガクセイ シエン ノ ゲンジョウ ト カダイ : ショウガイ ノ アル ガクセイ ノ シュウガク シエン ニ カンスル ケントウカイ ホウコク ダイ1ジ マトメ オ チュウシンニ

古山, 萌衣

23pp.19 - 36 , 2015-03-30
ISSN:13480308
NII書誌ID(NCID):AA11807171
内容記述
これまでわが国の障害者教育は義務教育段階の教育的支援を中心に検討が進められてきた。しかし昨今、障害児教育における「特殊教育」から「特別支援教育」への制度的移行、および「障害者の権利に関する条約」の批准にともなう関連法の整備を背景として、高等教育機関においても障害のある学生の受け入れおよび支援対応が迫られている。そのなかで2012(平成24)年、文科省高等教育局長下に設置された「障がいのある学生の修学支援に関する検討会」では、高等教育機関における障害学生への合理的配慮のあり方に関する検討が初めて行われた。そしてその成果としてまとめられたのが「障がいのある学生の修学支援に関する検討会報告(第一次まとめ)」(以下、報告書)である。本論では、報告書が課題として挙げる国・大学等および独立行政法人等の関係諸機関が取り組むべき障害学生支援に関する11の事項について、「①障害学生支援の体制化、②支援・配慮のあり方、③関係諸機関の連携、④財政支援」の4つのカテゴリーに整理・分析し、統計データ等資料が示す障害学生支援の現状と照らし合わせて検討を行った。そして報告書が示す障害学生支援のあり方に対して、支援の体制化および整備の現状は大きく立ち遅れた状態にあることを指摘した。また本論では、今後の障害学生支援の展開についてさらに検討すべき課題として、①特別なニーズを有する学生への柔軟な対応、②合理的配慮における学生生活支援、③法的規定および国レベルでの施策推進が求められることを主張した。
本文を読む

https://ncu.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1029&item_no=1&attribute_id=25&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報