紀要論文 女子大学生の対人関係ごとの居場所感について : 主観的幸福感との関連から

矢野, 加奈  ,  Kana, Yano

内容記述
This study aimed to elucidate the “sense of ibashos” and subjective well-being in the personal relationships of female university students. Based on previous studies such as Ishii’s (2009), a “sense of ibashos” is the way in which someone feels a sense of oneself and the feelings which are necessary in relationships with others. The subjects were university freshmen at a private women’s college( N = 181). The results showed that, as regards family relationships, one should act as one wishes and be able to show emotion. In relationships with same-sex friends, it means being true to oneself and acting towards others in a pragmatic way. In relationships with opposite-sex friends, it means having practical emotional relationships. In relationships with lovers, it means being able to maintain one’s own interests. Further, the authenticity inherent in each “ibashos” had a positive influence on subjective well-being.
本研究の目的は,女子大学生の対人関係ごとにおける居場所感の構造を明らかにし,主観的幸福感との関連について明確にすることである。石井(2009)などの先行研究に基づき,本研究での「居場所感」とは,他者との間で自分らしくいられ,その相手にとって自分が必要だということをどう感じているかとする。私立女子大学生181名(M=20.09,SD=1.69)を対象に質問紙調査を行なった。結果,家族関係では,感情的に必要とされている,自分本位な行動やありのまま自分が受け入れられていること,同性のみの友人関係では,内面的に自分のままでいられ,目に見える形で相手から求められていること,異性を含む友人関係では,実際的に必要とされつつも情緒的なつながりが感じられること,恋人関係では,そのままの自分に対して相手の関心があるということを居場所感として感じていると示された。主観的幸福感との関連では,主観的幸福感を高めるためには,それぞれの居場所でありのままでいられる感覚を得られるような関係を築くことが必要であることが明らかになった。
本文を読む

https://kinjo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=958&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報