紀要論文 女子自閉症スペクトラム障害の養育困難について : 母親インタビューから

髙﨑, 順子  ,  Junko, Takasaki

内容記述
ASD (autism spectrum disorder) has been studied mainly with regard to boys because it is more common in boys. Studies have shown that in girls, noticeable symptoms do not appear in childhood, and problems with human relationships appear from puberty onwards. In some cases, where children experience periods wherein they refuse to go to school or dysphoria, they are diagnosed of ASD. Interviews with mothers whose daughters have ASD revealed that it is absolutely necessary to be able to share difficulties about the child's early upbringing and have continuous support from parents.
自閉症スペクトラム障害(autism spectrum disorder,以下ASD)は男子に多いという性差があり,これまで男子を対象にした研究が主であった。女子は幼児期には特徴が目立たず,思春期頃から「人間関係の悩み」が出てくると言われる。それは不登校や抑うつとして出てくるが,受診するとASDであることが明らかになるケースがある。女子ASDの子どもを持つ母親への聞き取りから養育困難感をもち,一時的でなく,継続的に保護者への支援が必要であることが明らかになった。
本文を読む

https://kinjo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=957&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報