Departmental Bulletin Paper ルカによる福音書から導き出される医療従事者の心得

野田, 康弘  ,  Yasuhiro, Noda

Description
聖書に登場するイエスが病気の人,一人一人を大切にしたところは,医療従事者のお手本である。イエスが病気や障害を持った人と接した記事は,現代の医療従事者にとって標準的な行動指針として参考になる。『新共同訳聖書』をテキストとし,ルカによる福音書の中からイエスによる「いやし」について記した箇所を抽出した。医療現場で遭遇しうる事象をテキストから直接的に連想し,医療従事者の心得として導き出した。イエスによる「いやし」は14編,ケガ人の手当のたとえ話が1編あった。「いやし」の対象となった病気の種類に重複はなかった。これらの話から15の心得が導き出された。
Full-Text

https://kinjo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=883&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information