紀要論文 運動量共鳴条件をもつホイスラーモードに関する分散式の高温弱相対論的近似

池田, 愼

内容記述
この論文では、ホイスラーモード線形増幅率導出のための分散式が、変数に運動量を使いながら、プラズマが高温の場合の近似として導出された。プラズマは、少ない高エネルギーの相対論的粒子を含む、弱相対論的プラズマとして仮定されている。武蔵大学人文学会雑誌第46巻第2 号(2014)1)の増幅率の結果は、プラズマが低温の場合の近似として導出され、低温近似プラズマによる、ホイスラーモード弱相対論的線形増幅率であった。今回の論文は、プラズマ圏内、放射線帯の高温弱相対論的粒子に適用される、ホイスラーモード波の線形増幅率のための分散式の導出である。数少ない相対論的高エネルギー粒子を含むプラズマに対するこれらの結果は、温度による効果を含み、まさに、プラズマ圏の内側で行われるHAARP 送信実験や、放射線帯粒子によるホイスラーモード波の生成・伝播・増幅・減衰の波動探査、更には散乱・降下する相対論的粒子探査の一助となる事を期待する。
本文を読む

http://repository.musashi.ac.jp/dspace/bitstream/11149/1890/1/jinbun2016no48_01_006.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報