紀要論文 緩和ケア病棟における「良き死」をめぐって
On "Good Death" in Palliative Care Ward

松岡, 秀明

(7)  , pp.47 - 62 , 2015-03-22 , 成城大学
ISSN:18837085
NII書誌ID(NCID):AA1240971X
内容記述
本稿は、緩和ケア病棟における人類学的フィールドワークにもとづき、緩和ケア病棟における「良き死」とはいかなるものかを検討するものである。その入院患者のほとんどが末期がん患者である緩和ケア病棟は、ほぼすべての患者が死亡退院する点において、またそれ以外の病棟ではあまり(あるいはほとんど)行なわれない医療行為が行なわれているという点において、病院のなかで特異な場所である。緩和ケア病棟における「良き死」とは、死が近いことを自覚しており、苦痛がなく、やりたいと思っていることを遂行した死である。そこでは、死ぬまでの時間に人生を総決算するという営為に積極的な価値が与えられる。日本における緩和ケア病棟の数は1995年の制度化以来増加し続けており、緩和ケアの思想は影響力を持ちはじめようとしている。
本文を読む

https://seijo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3825&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報