紀要論文 転位する身体と「書くこと」の諸相 : カフカの『断食芸人』論の序説として (中條屋進名誉教授退任記念号)
Die Motiv des Körpers im Akt des Schreibens : Ein Vorwort zu Kafkas Erzählug ”Ein Hungerkünstler"

木下, 直也

(210)  , pp.197 - 211 , 2015-12 , 成城大学経済学会
ISSN:0387-4753
NII書誌ID(NCID):AN00127472
本文を読む

https://seijo.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=3718&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報