Departmental Bulletin Paper 東日本大震災からの点としてのかかわりについて考える
A Consideration on Personal Involvement in Grief Care after the Great East Japan Earthquake

山下, 恵子  ,  武田, 康男

(26)  , pp.75 - 80 , 2017-03-31 , 松本短期大学 紀要委員会
ISSN:0910-7746
NCID:AN1021046X
Description
 本報告は、2011 年3 月11 日おきた東日本大震災からの著者のかかわりをまとめたものである。被災直後から現地に赴き、個別での関わりを継続して行ってきた。これらの活動は個別的ではあるが、継続することによって、さらなるつながりが生まれる。また、筆者らの住む身近なところで継続しておこなっている活動の中にも組み込むことによって被災地の現状を伝え、ともに考える機会や思いを共有する機会を持ってきたことは、単なる点での関わりではなく、被災地と離れたところともつなぐことができることが示唆された。
Full-Text

https://matsutan.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=163&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information