Departmental Bulletin Paper 学生のアルバイト職場における労働安全衛生
Safety and health during part-time work among students

大見, 広規  ,  村中, 弘美  ,  平野, 治子  ,  宮崎, 八千代  ,  松浦, なつみ  ,  MEADOWS, Martin

11pp.1 - 6 , 2017-03-31 , 名寄市立大学
ISSN:18817440
NCID:AA12272535
Description
健康管理という観点から学生アルバイト職場の労働安全衛生について調査した。調査は無記名の質問紙で、アルバイト就労状況、経済的な背景、アルバイト職場でのトラブル経験、アルバイトと学業や睡眠、労働法規の認知度、相談先についての質問とした。多くの学生がアルバイトに従事していた。様々なトラブルを多くの学生が経験しており、アルバイトをする限り何らかのトラブルに遭遇する可能性が高いということが示された。そのため、身体的、あるいは精神的にストレスがかかっていたり、睡眠不足となるなど労働安全衛生上の問題があった。しかし、経済的理由で辞めることができないとする学生が多かった。大学で可能な対策もあるが、大学のみでは学生のアルバイト職場での労働安全衛生環境を整えることはできない。学費・奨学金制度のほか、非正規雇用の拡大など、学生に大きな負担をかけている制度や社会の見直しが必要である。
We conducted a survey of occupational safety and health at part time job among students of Nayoro City University in 2015.Among respondent students,73% had experience working part-time since admission to university. A sizable percentage of students have experienced a variety of psychological harassments and troubles at work. As a consequence, these students have suffered mental physical stress, and sustained sleep deprivation. Nevertheless, they indicated that it was impossible to quit their jobs because difficulties covering their tuition fees and living expenses. This survey revealed that safety and health at part-time jobs is a significant issue in the healthcare of university students. Health service centers in universities are not able to resolve these issues alone. Japanese social systems and practices that place excessive strain on university students, such as expensive academic fees, heavy student loans and an growing irregular employment system, need to be reconsidered and strategies for improvement discussed by those in positions to implement change.
Full-Text

https://nayoro.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1723&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information