紀要論文 虐待行為が見られる入職3年目の介護職員に対する3ヵ月間の関わりの中で見えてきた事:介護職員が入院中の利用者に対し暴力行為を行ってしまった事例を通じて

木下, 一雄

5pp.25 - 39 , 2016-03-31 , 名寄市立大学
ISSN:21869669
NII書誌ID(NCID):AA12592911
内容記述
ここ最近、施設内における介護職員による利用者に対しての虐待行為の増加が目立ってきている。新聞やテレビで介護職員の施設内で起こした凄惨なニュースを見ない日はないほどの状況になっている。平成25年度に行った厚生労働省の調査結果によると、高齢者虐待の原因となっている要因として、介護職員の教育や知識、技術に問題があったとされるケースが調査全体の総数の66.3%を占めており、いかに介護職員に対する教育力が現場で低下しているのかが、数字として目に見える形として表れてきている。つまりは、今の介護職員にとって倫理観、想像力の欠如、利用者が今まで歩んできた人生を含め、包括的にとらえていくアセスメント能力が欠如してしまった結果が、このような不祥事につながってきているのではないだろうか。今回の実践活動報告において、自身が勤務していた認知症専門病棟の精神科病院において20代男性介護職員に対し、利用者と関わる上で著者自身が考案した面接指導プログラムに添った支援を通して、いかにその指導プログラムを受けたことにより、対象者自身が利用者に対する関わり方の変化があったのかについて報告していく。そして凄惨な状況が繰り返されている状況において、利用者に対する想像力を豊かにし、言葉で表現できない表情やしぐさなどに意識を向け、様々な思いをアセスメントしていくことの重要性について示唆していく。
本文を読む

https://nayoro.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1692&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報