紀要論文 なぜ哲学は神学になったのか : 人間の認識能力の限界と恵みの神の要請─
How Philosophy Became Theology : The Limit of Human Cognitive Ability and the Appeal for a Merciful God

古牧, 徳生  ,  Tokuo, HURUMAKI

9pp.19 - 51 , 2015-03-31 , 名寄市立大学
ISSN:18817440
NII書誌ID(NCID):AA12272535
内容記述
古代ギリシアに発祥した哲学は「真に在るところのものは何か」を探求していくうちに,人間の認識能力の限界に行き当たり,懐疑論に陥った。この懐疑論を克服するために多くの哲学者たちは次第に神の恩寵を約束するキリスト教に改宗していったことを思想史の流れから見てみたい。
Philosophy, which appeared in ancient Greece in search of what truly exists, reached the limits of human cognitive ability and fell into Skepticism. To overcome this serious problem, many philosophers converted over time to Christianity, which guaranteed the grace of God .
本文を読む

https://nayoro.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=1638&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報