紀要論文 アメリカ LA アート&デザイン環境研究

廣中, 薫  ,  Kaoru, HIRONAKA

2017-11-25 , 神戸芸術工科大学
内容記述
 筆者は2016年7月1日から9月28日まで、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルスおよびその近郊に滞在し、ロサンゼルスのアート環境から学ぶ現代的で豊かなイメージの作り方とアートの活用について、研究活動を行った。上記期間において、海外派遣研究の招集元である、カリフォルニア州立大学ドミンゲスヒルズ校(CSUDH)芸術・人文学部アート&デザイン学科のデボン・ツノ准教授、およびオックスナード・カレッジのリベラルアーツ部門・アートコースで教鞭をとるイリエ・イチロウ氏のもとでの研究を行い、併せて、期間中の拠点とした2箇所の“アーティスト・イン・レジデンス”での作品制作、人的交流、展覧会に精力的に取り組み、さらに帰国時には本学において成果展覧会を実施した。 本稿において、これら期間中の一連の活動について報告する。
I stayed in Los Angeles and its suburbs in California, USA from 1 July to 28 September 2016 and conduct research activities on how to make modern and rich images to learn from the art environment of Los Angeles and to utilize art It was. I was invited by Associate Professor Devon Tsuno of CSUDH and Ichiro Irie of Oxnard University and conducted research as a dispatched researcher abroad.At the same time, we conducted work creation, personnel exchanges and exhibitions at "Artist in Residence" in two places during the period. In addition, at the time of returning home, we conducted outcomes exhibitions at our university. In this paper, we report a series of activities during these periods.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=242&item_no=1&attribute_id=48&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報