紀要論文 質の高いデザイン活動による学生教育と周囲への波及効果に関する実践研究

田頭, 章徳  ,  見明, 暢  ,  山本, 忠宏  ,  池内, 宏行  ,  宮谷, 直子  ,  Akinori , TAGASHIRA  ,  Nobu , MIAKE  ,  Tadahiro , YAMAMOTO  ,  Hiroyuki, IKEUCHI  ,  Naoko, MIYATANI

2017-11-25 , 神戸芸術工科大学
内容記述
 「DESIGN SOIL」のプロジェクトの教育的な効果を明らかにすることを目的とする。また、合わせてワークショップなども開催し、実習授業などに還元できるデザイン教育の有効な方法を発見することも目指す。 2016年4月のミラノでの展示会出展を通じて、複数の作品の商品化が決定するという成果が出た。 同年11月に神戸で展示会を開催したのに合わせて、DESIGN SOILのメンバーや卒業した元メンバーが話し手として自身の体験について語るトークイベントを開催した。参加した学生の声から、学生が直接現地の空気に触れ、自身の言葉で周りの学生に伝えることが最もリアリティのあることとして強く響くということが確認できた。 博物館見学をデザインと直結させるワークショップを通して、デザイン実習などにも応用できる手法を発見できた。 メンバーへのヒアリングから、DESIGN SOILの活動、海外での展示会出展が、参加学生や周囲の学生にも強い刺激を与えることができており、良い影響が循環してきていることが確認できた。
It aims to clarify the educational effect of "DESIGN SOIL" project. In addition, we also hold workshops and aim to discover effective ways of design education that can be returned to practical lessons. Through the exhibition in Milan in April, several works were selected as candidates for commercialization. In conjunction with holding an exhibition in Kobe in November, members of DESIGN SOIL and former members who graduated held a talk event talking about their own experiences. It was confirmed that the words by students who exhibited in the Milan is effective as the most realistic thing for the surrounding students. Through a workshop linking the museum tour with design practice, I was able to find a method applicable to design practice etc. From the hearing to the members, the activities of DESIGN SOIL and the participation of the exhibition abroad were able to give strong stimulus to participating students and surrounding students, and it was confirmed that good influence is circulating.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=230&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報