紀要論文 GIMON/コンテンツ編

志茂, 浩和  ,  金子, 照之  ,  スモラフスキ, ピョトル  ,  Hiroyasu, SHIMO  ,  Teruyuki, KANEKO  ,  Piotr, SMORAWSKI

2016-11-28 , 神戸芸術工科大学
内容記述
 神戸ビエンナーレ実行委員会より依頼を受け、神戸ビエンナーレ2015において、招待作家として出品した映像インスタレーション作品「GIMON」のうち表現内容の考え方、制作方法について述べる。神戸ビエンナーレ2007での受賞が招待理由であることから、その点に配慮しながら、現時点で掲げている研究テーマとすり合わせ、コンセプトをまとめることとした。琳派に代表される古典的な日本美術は、現代においても独特の美を放つ。私は、その魅力の根源を「共存の精神」に見出そうとしている。仮にこの考えが正しいとすれば、媒体や技法が異なった表現であっても、日本美術の伝統を継承することは、可能なはずである。混迷する世界情勢を考える時に、日本人が養ってきた共存の精神は、その解決の糸口になると思える。日本固有の文化を、現代的な手法に置き換えつつ、その精神を継承することができるのであれば、時代や場所を超えて応用可能な普遍性を有することが証明されるはずである。
This study will elaborate on the production scheme and how the artistic presentation was derived for “GIMON”, a video installation work exhibited at the Kobe Biennale 2015 Japanese Guest Artist Exhibition by the request of the Organizing Committee for KOBE Biennale. The concept was shaped by taking into consideration the fact that the invitation was based on a specific prize-winning work exhibited at the Kobe Biennale 2007 and blending this with the author’s current research theme. Rimpa and other classical Japanese arts continue to present unique beauty that remain an appreciable value to date in the modern world. The author seeks the origin of the beauty in the “spirit of coexistence”. If this assumption is correct, regardless of media or technique of the artistic presentation, an artwork should be able to inherit the tradition of Japanese arts. When looking at the turmoil now engulfing the world, the spirit of coexistence long cherished by the Japanese seems to be a viable clue to finding a way out. If the spirit unique to Japanese culture can be inherited while replacing the techniques involved to modern techniques, the existence of a universal framework that can be applied regardless of time and place will be proved.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=205&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報