紀要論文 東アジアの離島集落に見る住まいの変容と生活文化/―台湾金門島及び八重山諸島石垣島を事例に―

長野, 真紀  ,  今村, 文彦  ,  黄  , 國賓  ,  Maki, NAGANO  ,  Fumihiko, IMAMURA  ,  Kuo-pin, HUANG

2016-11-25 , 神戸芸術工科大学
内容記述
 本研究では、福佬(Ho-lo)人の移住文化を対象に、その歴史と暮らしの変遷、居住環境について分析・考察した。研究対象地は周囲を海に囲まれた環境下にあり、独自の伝統文化や習俗、空間構造を継承している。このような地理的・文化的環境の中で、東アジアの結節点となる台湾領域中国福建省金門島及び八重山諸島石垣島を主対象に捉え、研究を展開した。 金門島では、血縁による結びつきが重視され、同一氏族により形成された宗族的つながりを強く持つ単姓村と、多数の氏により形成される複姓村に分類される。対象集落は、海岸線に沿った緩やかな台地に立地し、1315 年頃に福建省厦門からの移住者が開墾した農漁村集落である。住居は四合院で構成され、一定の領域内で中規模な空間を形成しているが、宗族ごとに住居の向きが異なり、それぞれに方向軸を持っているため各時代の空間形成の発展性を読み取ることができる。 また、集落は明確な境界域を定めず、人口増加に対応しながら空間を拡張している。これは、島に福佬人しか居住していないこと、地形条件に対する制限が少ないことが要因として考えられる。台湾本島や石垣島では、住居の周囲は自然地形や植栽などにより空間を補っている場合が多い。
The study targets the migration culture of ho-lo and analyzes and examines the evolution of the history and life,and the cross-border nature of their living environment.The target area of the research is located in an environment surrounded by sea and that has inherited a unique and traditional culture, and customs and spatial structure. In Kinmen Island, ties based on blood relationships are valued and the villages are classified into two types: villages with a single family name where there are strong ties in the family line formed by the same clan and villages with multiple family names where family lines are formed by diverse clans. The targeted settlement is located in a moderate plateau land along the coastline and is a fishing and agrarian village established on reclaimed land in 1315 by migrants from Amoy in the Fujian province. The residences are of the Si-he-yuan structure (an enclosed square yard with houses on four sides) but the direction of the houses of each family line is different and one can see the nature of the development of the spatial formation in each period.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=204&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報