紀要論文 高齢者や障害者のための木材を用いた家具デザインの国際連携

相良 , 二郎  ,  田頭, 章徳  ,  安森, 弘昌  ,  古賀 , 俊策  ,  見明, 暢  ,  ラスムス, マルベルト  ,  シグリッド, ストレングレン  ,  マッツ, アルデン  ,  Jiro, SAGARA  ,  Akinori , TAGASHIRA  ,  Hiromasa, YASUMORI  ,  Shunsaku, KOGA  ,  Nobu, MIAKE  ,  Rasmus, Malbert  ,  Sigrid, Strömgren  ,  Mats, Alden

2016-11-25 , 神戸芸術工科大学
内容記述
我が国の高齢化率は世界最高水準にあり、人口の約1/4を占めている。高齢者のみの世帯数も増加傾向にあり、全世帯数の約1/4 を占めるに至っている。高齢者とその家族にとって、どこでどのように暮らしていくのかは深刻な問題であり、大きな不安要素となっている。 スウェーデンのヨーテボリ大学HDK STENEBY 校の木工家具デザインコースとは2014 年の本学訪問以来連絡を取り合っており、2015 年3 月には相良が訪問し、相互交流の機会を得た。スウェーデンは福祉先進国であり、高齢者のための住居やケアのシステムにおいても進んだ取り組みが行われている。そこで、高齢者のための家具デザインを通した相互連携事業を企画した。3 月に合意したSTENEBYのエイドリアン氏が4 月に退職していたことが5 月に判明し、合意形成と協定書の締結が10 月にずれ込んでしまったため、当初の計画通りには進めることができなかったが、2 月のストックホルム家具見本市の機会に交流を行い、安森、田頭および学生2 名がSTENEBYに滞在しワークショップを通して交流する機会を得たので、高齢者用家具のデザインとSTENEBY との交流について報告する。
Japan is well-known as a most hyper aged society in the world. Around quarter of houses are lived by aged family or solitary. It is the big problem how and where to live for the elderlies and his/her relatives. We have contact with HDK STENEBY since 2014, when two men visit KDU to meet the staff of the Design Soil. After that, Mr. Sagara visited Wood Oriented Furniture Design at HDK STENEBY in March 2015, then discussed a transaction project for design furniture for the elderly between HDK STENEBY and KDU. Unfortunately, Mr. Adrian Coen quit HDK STENEBY on April to go back to his homeland. Consequently, we have to re-start it with Mr. Rasmus , then the MOU finally exchanged in October. As the result of this delay, the plan was modified. However, All of us with two students of KDU and around 10 students of HDK STENEBY discussed together after a brief talk of Mr. Jiro Sagara at the Stockholm Furniture Fair, then Mr. Hiromasa Yasumori and Mr. Akinori Tagashira with two students visited STENEBY for a week, and had a opportunity to hold workshop.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=193&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報