紀要論文 技術の人間化に基づいたサスティナブルデザイン/その5 「医とデザイン」の関係から考える

大田 , 尚作  ,  相良, 二朗  ,  古賀 , 俊策  ,  見明, 暢  ,  友定 , 聖雄  ,  見寺 , 貞子  ,  金子, 照之  ,  Syosaku, OTA  ,  Jiro, SAGARA  ,  Shunsaku, KOGA  ,  Nobu, MIAKE  ,  Masao, TOMOSADA  ,  Sadako, MITERA  ,  Teruyuki, KANEKO

2016-11-25 , 神戸芸術工科大学
内容記述
2015 年度の芸術工学研究所年間活動は、大きく以下の2 点を挙げることが出来る。 1 点目は「コンタクトレンズ洗浄を目的とした除菌装置の開発」を目指した教育・研究機関向け実験装置の開発に着手した。本開発に際しては、医療イノベーション神戸連携システム(MIKCS)・神戸大学・東京工業大学との連携を取りながら改良を重ね、概ね実験用装置としての完成をみた。 2 点目は本学において、「医とデザイン」というテーマで研究会の成果として、医療と教育・研究の視点にたったセミナーを開催した。2015 年度よりMIKCS への加盟を果たしている甲南大学、神戸市立工業高等専門学校から講師を招聘し、教育・研究と医療との関わりや、目的、現状の問題点、事例報告等について講演頂いた。両校共に積極的に「医」の産業分野への関連教育に取り組んでいる。
In 2015, Research Institute of Arts and Design (RIAD) of Kobe Design University conducted the following activities: (1) Development of sterile filtration equipment for contact lens: RIAD has completed the experimental equipment associating with Medical Innovation Kobe Community System (MIKCS), Kobe University, and Tokyo Institute of Technology. (2) Research seminar for “Humanization of the technology” was held based on medical and design activities of RIAD. Invited speakers from Konan University and Kobe City College of Technology gave lectures on relationship between education/research and medical care, purpose, current problems and representative reports of MIKCS. The two universities have rigorously conducted related education to medical industries.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=190&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報