紀要論文 技術の人間化に基づいたサスティナブルデザイン/医とデザインの活動をとおして

大田 , 尚作  ,  古賀 , 俊策  ,  相良 , 二郎  ,  見明 , 暢  ,  見寺 , 貞子  ,  友定 , 聖雄  ,  小玉, 祐一郎  ,  Syosaku, OTA  ,  Shunsaku, KOGA  ,  Jiro, SAGARA  ,  Nobu, MIAKE  ,  Sadako, MITERA  ,  Masao, TOMOSADA  ,  Yuichiro, KODAMA

2015-11-25 , 神戸芸術工科大学
内容記述
2014年度の芸術工学研究所年間活動は、大きく以下の2点を挙げることが出来る。1点目は医とデザイン領域において、医療用器具としての「シューズ用除菌装置の試作開発」である。試作に関してはMIKCS(生命医学イノベーション創出人材センター)との連携を密にし、機構設計・筐体設計・アッセンブリを各々部署で分担し時間的ロスを効率的に進めることが出来た。また、その成果をMIKCSの一般社団法人設立総会において披露し、ポートピアホテルに於いてプレス発表までを行った。2点目は本学において、医療現場における映像と空間・モノというキーワードを設定し、医療従事者、建築家、メーカーの専門家による講師を招きセミナーを開催した。
Annual activities of Research Institute of Arts and Design (RIAD) for 2014 are as follows:1. As a collaborative study between medicine and design, we developed sterilization apparatus for shoes. In particular, RIAD and Medical Innovation Kobe Community System (MIKCS) progressed efficiently design of the mechanism, chassis, and assembly. We presented the outcome of these activities at MIKCS establishment meeting for general incorporated association, and further conducted press release of the information at Kobe Portopia Hotel.2. Kobe Design University started research activities regarding images, space, and product in medical field and organized a research seminar inviting experts of medical area, architect, and product manufacturer.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=184&item_no=1&attribute_id=48&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報