紀要論文 パソコンによるコラージュ遊び“パソコン・コラージュプレイ”Ⅳ

津田, 徹  ,  見寺 , 貞子  ,  大内 , 克哉  ,  南部 , 眞理子  ,  梅林, 厚子  ,  船曳 , 倍子  ,  Toru, TSUDA  ,  Sadako, MITERA  ,  Katsuya, OUCHI  ,  Mariko, NAMBU  ,  Atsuko, UMEBAYASHI  ,  Masuko, FUNABIKI

2015-11-25 , 神戸芸術工科大学
内容記述
現代の子どもは、人生の早い時期にコンピューターに触れ、手軽さを享受しているが、コンピューターでは、その情動を育むのは難しい。われわれは、コンピューター遊びの中に子どもの情動を育む仕組みを取り込むという“パソコン・コラージュプレイ”の研究を4年にわたり重ね、子ども、大学生、福祉施設における障がい者、高齢者を対象者とする多方面の事例を収集し、本研究の信頼性を高めた。本研究では、コンピューターを介して、サポーター(寄り添う者)が、子どもの情動を感じ取るシステムを考案し、そのソフト開発に着手した。“パソコン・コラージュプレイ”により、無意識が引き出され、本研究独自のレイヤー考察により、時間軸に沿った子どもの情動の変化が明らかになった。加えて、プレイ後に出来上がったコラージュ作品を、独自の空間象徴説の確証実験に基づきその整合性を検討した。子どもの情動や思いを研究者・教育者・保護者と共有し、子どもの情動理解につなげた。“パソコン・コラージュプレイ”はカウンセリングの現場のみならず、教育・福祉においても人のこころを育み、理解し支援するためのツールとなった。
Children today experience and enjoy computers from an early stage in their lives. However, it is generally difficult to expect that children's emotional abilities could flourish through computers. We have developed our study, titled as `”Collage-play with personal Computers” in recent four years. It is to construct a specific structure in personal computers (PC) such that it could reflect and observe children's emotions objectively through their PC play. Our study is in fact supported by reliable examples of various aspects in our society, such as children, students, handicapped and or elderly people. More concretely, our software enables supporters to observe and feel emotions of children exactly through their PC play. It exposes -via our ``layer studies"- the dynamics of children's emotion in time. We have also examined the consistency of the children's collage works, based on evaluation experiments of the original space symbolic model. These children's emotional datum obtained through our software are shared among our supporters and related teachers for deeper understandings for these children.
本文を読む

https://kobe-du.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=175&item_no=1&attribute_id=48&file_no=3

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報