Departmental Bulletin Paper 近代デザイン全般の中でのエディトリアルデザインの成立に関する研究/杉浦康平デザイン研究の継承と展開

赤崎, 正一  ,  戸田, ツトム  ,  寺門, 孝之  ,  小山, 明  ,  黄, 國賓  ,  寺山, 祐策  ,  Shoichi , AKAZAKI  ,  Tsutomu , TODA  ,  Takayuki, TERAKADO  ,  Akira, KOYAMA  ,  Kuo-pin, HUANG  ,  Yusaku, TERAYAMA

2015-11-25 , 神戸芸術工科大学
本研究は平成24 年度共同研究からの継続として位置づけられる。杉浦康平名誉教授の1950 年代からはじまるデザイン活動の包括的な研究を目指すものである。1970 年代~ 80 年代の杉浦名誉教授の活動を中心に成立したと思われる「エディトリアルデザイン」概念の成立過程の検証も目的とする。また、本研究のひとつの中核をなすものとして杉浦名誉教授デザインによるポスター作品の収集・整理・分析の活動である「ポスターアーカイブ・プロジェクト」がある。26 年度共同研究の過程で浮かびあがってきたのが「インフォグラフィックス・デザイン(情報デザイン)」の概念である。ビジュアルデザイン学科棟資料室に蔵された多量のポスターのリスト内容の更新の過程で、分析の軸をなす概念としてこの新しい視座を得た。杉浦デザインの多様性に対して、ひとつの強力な分析の切り口を得たものと考える。70 年代に多くの成果を生んだダイアグラム・デザインとの関連も重要であり、集大成的な出版によって、さらに多くのことが明示化されてきた。また、本共同研究では例年同様、いくつかの関連企画を開催した。10 月のレクチャー・研究会、11 月のインフォグラフィックスの歴史を通観する「系統樹の森展」、3 月の卒展選抜展としての「PLATEAU展」などである。特に2 つの展示企画については新設された梅田サテライトの活用としても意味を持つものである。
The objective of this course, originated from the 2012 joint research program, is a comprehensive study of Professor Emeritus Kohei Sugiura's design activity which started in the fifties. The course also aims at examining how the concept of "editorial design" was developed around the activities of Professor Emeritus Sugiura in the seventies and eighties. One of the key activities of the course is the Poster Archive Project which entails the collection, classification and analysis of posters designed by Sugiura. During the 2014 joint research program, we came up to the concept of "infographic design" in the process of updating the list of the posters archived in Department of Visual Design. The concept offers a new, insightfulperspective to analyze the diversity of Sugiura design. The course also focuses on diagram design, one of the key achievement of Sugiura which flourished in the seventies, and clarifies many important ideas. In this program, as in the past programs, we hold several events including a lecture/workshop in October, Phylogentic Forests in November (an exhibition focusing on the history of infographics), and 2015 PLATEAU OSAKA in March (an exhibition of selected works of faculty members of the department.) The latter two attract attention also as meaningful ways to use newly-built CURIO-CITY in Umeda, Osaka.

Number of accesses :  

Other information