Departmental Bulletin Paper Phenakistoscopeとそのテクノロジー

橋本, 英治  ,  Eiji, HASHIMOTO

2015-11-25 , 神戸芸術工科大学
Phenakistoscopeは1832年に発明された映像遊具である。これは映画の原型とみなされ、映画史の教科書の中でオープニングを飾る発見として華々しく登場する。今日でも映画の原理を理解するための教育遊具として広く使用されている。その構造は簡単で誰にでも作ることができる。しかし、この遊具を通してアニメーションの動きを感じることは意外に難しい。Phenakistoscopeを扱うためにはそれなりの技術やコツが必要なのである。その難しさは、三つの要素が絡み合うからだと想定される。1.ディスクの回転速度 2.スリット3.スリットの向こう側の図像この奇妙な遊具は、Cinématographe(映画)やTachistoscopeといった大掛かりな装置に利用されている。本論文の目的は、そのテクノロジーの歴史をたどりながら、21世紀の最先端の技術によって、より簡単にアニメーションを表現できる技術的集合体としてのPhenakistoscopeを、芸術作品を事例に技術変遷の中で具体的に跡付けることである。
Phenakistoscope is the well-known visual toy invented in 1832. This is regarded as a prototype of a Cinématographe (movie), and its mechanism is described on the first page in the textbook of film history. It has been used widely as the educational equipment to understand a principle of Cinématographe (movie) and animation even today. The structure is very simple, so that everyone can make it with easiness.But it's a little difficult to feel a movement of animation through this toy. To get the hang of this visual toy, we need a bit more practice to spin the disk steadily. The difficulty is derived from three elements interlocked.1. The rotating speed of the disk2. Slit3. Thither view through slitThis strange visual toy is applied for large-scale equipment such as Cinématographe (movie) and Tachistoscope.In this paper, I trace the history of Phenakistoscope and the applications of it especially about artworks(ex. Toshio Iwai). Furthermore I indicate a possibility of modern version Phenakistoscope as the technical aggregate to which amazing animation can be expressed more easily by the 21st century technology for example stepping motor, microprocessor, etc.

Number of accesses :  

Other information