Departmental Bulletin Paper 動く絵 ~うつろい いろは~/四季をインタラクションする絵画+映像アニメーション作品

金澤, 麻由子  ,  Mayuko, KANAZAWA

2015-11-25 , 神戸芸術工科大学
四季は、日本人にとって感情を写す対象として、多くの作品に登場している。その移ろいによって心のありようまで変わっていく。本作「うつろい いろは」は、日本の風景、こころのふるさとをテーマに京都の大覚寺『大沢池』を描いた50mの絵画に、四季によって体験が異なる4場面のインタラクションを備えたメディアアート作品である。「春」では、手を上げる動きにより、そこから花のアニメーションが生成する。「夏」では、鑑賞者は神話的動物へと変身し、動物と一体となるカナダ先住民の精神世界を体験する。「秋」では、鑑賞者の動き(ジャンプ)に応じて手描きアニメーションによる動物たちが登場し、多様な生きものたちのポリフォニー(多声)が響き合う。「冬」では鑑賞者の顔が映されるインスタレーションおよび、iPhoneアプリの作品である。アプリ『ゆきんこ』をダウンロードすることで、インスタレーション作品を持ち帰るという試みに挑戦した。2014年夏に東京都現代美術館で開催した「ワンダフルワールド」展での本作の展示風景とともに制作意図、制作方法など解説する。
Japanese culture and emotions are strongly affected by changes of seasons. The work UTSUROI IROHA is an interactive art work showing four independent scenes, which are corresponding to four seasons, on one 50-meter-wide canvas with paint of Osawa-no-ike pond of Kyoto Daikakuji temple. Spring scene shows flower animation when the audience raise his/her hands. Summer scene transfigures the audience to mythical animals, which you can find in native Canadian’s myth. Autumn scene shows animal animation when the audience jump in front of the canvas, showing polyphony of various lives. Winter scene reflects the audience’s face in a snow figure. The winter scene can be taken out by downloading iPhone app named Yukinko. This work was exhibited in Wonderful World Exhibition at Museum of Contemporary art Tokyo in 2014. This article illustrate design and methodology of this work.

Number of accesses :  

Other information