紀要論文 学習内容の定着を持続可能とする数学的学習具によるイメージ形成の実践的研究

澁谷, 久

(17)  , pp.7 - 18 , 2017-03-31 , 稚内北星学園大学
ISSN:2189-244x
内容記述
本研究の目的は,学習内容の定着に対する「数学的学習具」の効果を示すことである.そのために,数学教育における定着の意義をとらえ,定着を定義し,その方法の在り方を考察する.また,方法にかかわる数学教育におけるイメージの定義,働き,その形成の方法,イメージ形成のための学習具の働きをとらえる.それを踏まえ,筆者が開発した学習具を使用する実験授業を策定,実践する.その結果,数学の授業に数学的学習具を取り入れることが,学習内容の理解を深め,持続可能性の高い定着を生むことを実証的に示す.
本文を読む

https://wakhok.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=406&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報