紀要論文 死と再生―現代ロシア美術とスポーツ

岩本, 和久

(16)  , pp.39 - 48 , 2016-03-31 , 稚内北星学園大学
ISSN:2189-244x
内容記述
視覚的なスポーツ表象は、古代エジプトやギリシアにまでさかのぼることができる。スポーツの歴史は美術と深く結びついていると言っても過言ではない。 ソ連においてスポーツ文化は華々しい発展を遂げたが、その美術においてもスポーツは積極的に取り上げられていた。では、ソ連解体後の現代ロシアにおいて、アーティストはスポーツ文化にいかにアプローチしているのであろうか? 本論文では2015年のヴェネツィア・ビエンナーレの関連展示として注目された2つの作品、すなわちグリーシャ・ブルスキン「考古学者のコレクション」とAES+F「Inverso Mundus」を分析しながら、そこでスポーツ文化が空虚な反復や死と結び付けられていること、同時にまた、スポーツ文化に潜在するエネルギーの存在も認められていることを、明らかにしている。このようなスポーツ理解はポストモダン的な批評精神の現われとも言えるが、一方で古代的なものとも言えるだろう。
本文を読む

https://wakhok.repo.nii.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=391&item_no=1&attribute_id=22&file_no=2

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報