Departmental Bulletin Paper 地域教育施策としてのアドベンチャープログラムの活用と効果について―古座川アドベンチャープログラム(KAP)の計画と実践を通して―

大山, 剛  ,  住吉, 友樹  ,  鈴木, 祐穂

(3)  , pp.17 - 38 , 2018-03-10
ISSN:2424-0206
Description
 本研究は、地方自治体において実施されたアドベンチャープログラムの実践が、学校や児童にどのような効果をもたらすのかを明らかにすること、そしてその検証内容を基にして、その後の教育目標や施策を検討・設定することを目的としている。 具体的には、今年度までのプログラム実施後に、質問紙とインタビューによって児童と教員を対象に調査を進め、その結果から導き出された内容に加え、古座川町の現況における「学校教育・社会教育に関連する強み・弱み・脅威・機会」を分類して、SWOT分析を実施した。その結果、強み5領域13項目、弱み5領域9項目、機会4領域9項目、脅威4領域8項目が明らかになり、さらにそれらの項目のクロス分析から1.「Strengths(強み)を活かしてOpportunities(機会)を最大化する計画」、2.「Strengths(強み)を最大限に活用することでThreats(脅威)からの影響を最小限に押さえ込む計画」、3.「Weakness(弱み)を最小化するためにOpportunities(機会)を最大限に活かす計画」、4.「Weakness(弱み)とThreats(脅威)のマイナス要素を最小限に留めるための計画」を明らかにした。 こうした手続きをもとに4つの成果目標として「1.KAPによる学校教育への働きかけ(仲間づくり)2.KAPによる社会教育への働きかけ(仲間との体験づくり)3.KAPに関する人材・団体の育成及び支援(人づくり)4.個人記録を基にした継続的な児童生徒の状況把握」をまとめ、8の基本施策とともにKAPの今後に必要であることを確認した。
Full-Text

http://libds.tamagawa.ac.jp/dspace/bitstream/11078/691/1/41_2017_17-38.pdf

Number of accesses :  

Other information