紀要論文 「ハラキリ」のエキゾチシズム―舞台における日本の表象―
The Exoticism of “Hara-kiri”―Japan on the Stage―

多和田, 真太良

(8)  , pp.29 - 43 , 2017-03-31
ISSN:1881-6517
NII書誌ID(NCID):AA12407929
内容記述
 「ハラキリ」という単語はどこでどのように流布していったのか。19世紀末から20世紀初頭にかけて隆盛を極めたジャポニズムの舞台芸術の中で注目されたのは、キリスト教の下では禁じられた「名誉の自死」という概念だった。しかし舞台で再現されるのは、川上音二郎一座がアメリカで実際に切腹の場面を演じてからである。それまで理解不能であるがゆえに滑稽に描かれることさえあった「ハラキリ」が、音二郎や貞奴によって実に劇的で凄惨な描写として演じられた。「ハラキリ」は自然主義演劇に飽き足りず、新しい表現を模索する20世紀演劇の理論家たちに強い影響を与えた。ベラスコは『蝶々夫人』の結末を自殺に書き換え、続く『神々の寵児』では切腹する武士を描いた。音二郎一座の演技は強烈なイメージを与えた一方で、ジャポニズム演劇に潜む多様性の芽を摘むことになったともいえる。以後の作品は「ハラキリ」のイメージを払しょくすることが困難になった。「ハラキリ」はもはや不可解な日本の風習というより、ジャポニズム演劇にエキゾチックな効果を与える一つの重要な表現として定着していった。
本文を読む

http://libds.tamagawa.ac.jp/dspace/bitstream/11078/408/1/6_2016_29-43.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報