紀要論文 ヴォルフが生み出したドイツ・リートの新領域―ヴォルフの〈アナクレオンの墓〉の分析を中心に―
The New Domain of German Lieder Produced by Wolf―An Analysis of Wolf’s “Anacreon’s Grave”―

松川, 儒

(8)  , pp.13 - 27 , 2017-03-31
ISSN:1881-6517
NII書誌ID(NCID):AA12407929
内容記述
 ドイツ・リートの歴史上でヴォルフはその到達点とも言われているが、ヴォルフが成し遂げた詩と音楽の完全な融合は、ドイツ・リートの到達点というより、歌曲という概念を越えた新しいジャンルを生み出したと言えよう。ヴォルフでは詩が絶対的な存在として扱われ、歌唱部分とピアノ・パートはその世界を表現するための手段であった。 この論文では彼の代表作品のひとつ〈アナクレオンの墓Anakreons Grab〉の詩と歌唱部分、そしてピアノ・パートを分析し、ヴォルフが切り開いた新しい領域を指摘してみたい。
本文を読む

http://libds.tamagawa.ac.jp/dspace/bitstream/11078/407/1/6_2016_13-27.pdf

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報