学術雑誌論文 新しい医学教育の潮流2015:第47回日本医学教育学会大会報告1 ―卒前卒後教育の現状と今後―

吉原, 彩  ,  岡田, 弥生  ,  中田, 亜希子  ,  山口, 崇  ,  岸, 太一  ,  逸見, 仁道  ,  並木, 温  ,  佐藤, 二美  ,  高松, 研  ,  廣井, 直樹

62 ( 4 )  , pp.265 - 269 , 2015-12 , 東邦大学医学会
ISSN:00408670
内容記述
資料
日本医学教育学会大会では,全国から医学教育に携わる教員が集まり,活発な議論が毎年なされている.2015年は7月に新潟で開催され,東邦大学(本学)からも医学教育に携わる教員・職員が多く参加した.本稿では,卒前卒後のシームレスなコンピテンシーの設定と評価方法の検討,日本医学教育学会が提示する教育業績評価方法とその評価,多職種連携教育(interprofessional education:IPE)の重要性と実践方法,シミュレーションラボの運用とシミュレーション教育の効率的な展開,卒前卒後教育の現状と問題点などについて,本学の状況に言及しながら今後の方策を中心に報告する.
本文を読む

http://rep.toho-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=21158886

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報