学術雑誌論文 第145回東邦医学会例会 シンポジウム:全身疾患と眼血流 新生児眼底血流測定の試み

松本, 直  ,  水書, 教雄

62 ( 3 )  , pp.187 - 189 , 2015-09 , 東邦大学医学会
ISSN:00408670
内容記述
総説
要約: 近年,眼疾患や全身疾患と眼底血流との関連が多数報告されている.新生児における眼疾患,全身疾患においても眼血流の変化が関与していると考えられている.しかし現在までに新生児における眼血流評価についての報告はほとんど認めていない.新生児眼血流測定を現在まで報告のあるcolor Doppler imaging(CDI)と新生児用に改良したlaser speckle flowgraphy(LSFG)を用いて行い,臨床的に使用可能か検討した.新生児の場合,体動や眼球運動,全身状態による制限などの問題もあり困難であったが,検査自体は可能であり血流波形解析も行えた.今後,さらなる機器の改良,検査法の改善を行い,新生児においても眼血流測定が眼疾患,全身疾患解明の1つの方法となることが期待される.
本文を読む

http://rep.toho-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=19438008

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報