学術雑誌論文 第68回東邦医学会総会内東邦大学医療センター大森病院CPC 大腸癌術後の経過中に呼吸困難を呈した1例

鏡, 哲  ,  三上, 哲夫  ,  松田, 聡  ,  名取, 一彦  ,  藤代, 健太郎  ,  小林, 正周  ,  根本, 哲生  ,  澁谷, 和俊

62 ( 3 )  , pp.203 - 212 , 2015-09 , 東邦大学医学会
ISSN:00408670
内容記述
症例
要約: 症例は77歳男性.肺転移を伴う直腸癌に対し東邦大学医療センター大森病院一般・消化器外科にて手術加療後,外来化学療法施行中であった.直腸癌手術中に洞不全症候群を生じ,一時的体外式ペースメーカーを必要とした.死亡5日前からの呼吸苦を主訴に来院され,入院3日目に急速な呼吸状態の増悪により永眠された.直接の死因として,心アミロイドーシスによるうっ血性心不全と推定された.討論終了後,心アミロイドーシスを中心に疫学,診断および治療について概説した.
本文を読む

http://rep.toho-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=51032125

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報