学術雑誌論文 第68回東邦医学会総会 シンポジウム:脳動脈瘤の治療 Paraclinoid Aneurysmに対する治療戦略

近藤, 康介  ,  内野, 圭  ,  小此木, 信一  ,  寺園, 明  ,  野手, 康宏  ,  安藤, 俊平  ,  福島, 大輔  ,  桝田, 博之  ,  野本, 淳  ,  原田, 直幸  ,  根本, 匡章  ,  周郷, 延雄

62 ( 2 )  , pp.98 - 100 , 2015-06 , 東邦大学医学会
ISSN:00408670
内容記述
総説
Paraclinoid aneurysmは,周囲に重要な神経や血管が存在しているため,他部位の脳動脈瘤と比較して開頭手術の難度が高い.近年,血管内手術の進歩によって治療適応が拡大し,良好な治療成績が報告されるようになったが,現在でも,動脈瘤の病態や大きさによっては一筋縄ではいかない症例も存在する.東邦大学医療センター大森病院(当院)では症例ごとに最も適した治療を行うように心がけており,専門的な知識やさまざまな手技を駆使している.今回われわれは,一般的な治療法では根治困難であったparaclinoid aneurysm症例を経験したため,当院での治療戦略と合わせて報告する.
本文を読む

http://rep.toho-u.ac.jp/modules/xoonips/download.php?id=21766669

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報