Departmental Bulletin Paper 12日間のダクラタスビル、アスナプレビル併用療法でSVR を達成した腎移植後のC型慢性肝炎の1例

高岡 , 良成  ,  森本, 直樹  ,  渡邊 , 俊司  ,  津久井, 舞未子  ,  廣澤, 拓也  ,  村山, 梢  ,  礒田, 憲夫  ,  山本, 博徳

Description
症例は慢性増殖性糸球体腎炎による慢性腎不全で両側腎移植後の62歳男性。腎移植前に慢性C型肝炎(Genotype1b)を指摘され,IFN単独療法(Peg-IFNα-2a 90μg,24週間)施行したが,治療後1年で再燃し,肝庇護剤やIFN少量長期療法で経過観察していた。直接作用型抗ウイルス薬(direct actingantivirals:DAAs)が保険適応後,Daclatasvir( DCV)とAsunaprevir( ASV)による治療開始とした。蜂窩織炎が増悪したため,治療開始から13日目にDAAを中断したが,sustained virologic response (SVR)を達成した。セログループ1型のC型慢性肝炎または代償性肝硬変患者に使用されているDCVとASVの併用療法は24週間投与で高いSVRが認められているが,12日間内服のみでSVRになった症例はまれであり,また腎移植後の慢性C型肝炎におけるDAAs治療は免疫抑制剤との相互併用があり,若干の文献をふまえて報告する。
Full-Text

http://jichi-ir.jichi.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=436&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

Number of accesses :  

Other information