紀要論文 健常者の末梢神経伝導検査に与える年齢・身長・性別の影響-自治医科大学附属病院における基準範囲の設定も含めて

栁田, 浩己  ,  安藤, 明彦  ,  岡田, 健太  ,  長坂, 昌一郎  ,  石橋, 俊  ,  小谷, 和彦  ,  長谷川, 修  ,  谷口, 信行

内容記述
 神経伝導検査は,糖尿病神経障害を含めた末梢神経障害の評価に極めて有用である。その測定値は年齢や身長の影響を受けやすいとされるが,こうした影響に関する本邦の健常者での検討は少ない。今回,健常者ボランティアで年齢・身長・性別と,神経伝導検査各指標との関連を検討し,併せて当院での神経伝導検査基準範囲の設定を行った。神経伝導速度のほか,振幅・潜時・持続時間及びF波に関する各指標の基準範囲を求めた。年齢は上下肢の活動電位振幅と負の相関,身長は上下肢の活動電位振幅と負の,潜時と正の相関を認めた。F波に関しては,身長と最小潜時との間に正の相関(相関係数:正中0.79,脛骨0.78),平均潜時との間に正の相関(相関係数:正中0.76,脛骨0.72),最大潜時との間に正の相関(相関係数:正中0.66,脛骨0.64)を認めた。性別において多指標で有意差を認めたが,性別間の身長差・体格・解剖学的特徴に伴う差異が考えられた。軸索障害の指標として振幅の評価は重要であり,年齢・身長・性別の影響に関する留意が必要だが,今回の基準範囲設定により今後の診療への寄与が期待される。
本文を読む

http://jichi-ir.jichi.ac.jp/?action=repository_action_common_download&item_id=352&item_no=1&attribute_id=22&file_no=1

このアイテムのアクセス数:  回

その他の情報